クレジットカードと使い分けられる交通系電子マネー

電子マネーとクレジットカードは違う

便利に料金を支払うサービスとして電子マネーとクレジットカードがあります。双方は何が違うのか気になる方もいるでしょう。両方共特定のサービスで利用できるものですが使い方に違いがあると言えます。たとえば電子マネーは現金をチャージしてチャージした分だけ利用できるのが特徴です。一方クレジットカードは利用限度額範囲で使えるもので、後からお金を支払います。
電子マネーは使うと同時に蓄積したお金を使う、クレジットカードは後で請求される仕組みです。使いすぎる事態を防げるのが電子マネーのメリットと言えます。また利用するとポイントが貯まるシステムとなっているのでお得にサービスを利用できるのもメリットです。交通機関で使えるものもあるので使い勝手がいいと言えます。

乗り物に乗るときに使いやすい

交通系電子マネーは全国のバスや電車に乗るときに利用できます。現金を支払う必要がないので会計に手間取らないのが魅力です。中にはオートチャージ機能と呼ばれるシステムを採用するものもあります。これは自動的に現金をチャージしてくれるので残高が残り少なくなってもいちいち自分でチャージする必要がないです。
インターネット上からチャージできるものもあるので検討してみましょう。チャージ量は自分で設定できるので使いたい分だけ入れることができます。クレジットカードと連動するものならクレジットカードのポイント還元も対応するため二重にお得です。
通常の還元率と比べると2倍や3倍になるものもあるのでクレジットカードと連携して使用するのをおすすめします。

電子マネーを導入することのメリットは、現金を持ち歩く必要がないということです。カードが一枚あれば簡単に会計を終わらせることができるので、とても楽です。

© Copyright E-Money Definition. All Rights Reserved.