急な出費にも安心の後払い式の電子マネー

クレジットカードのように使える後払い式電子マネー

電子マネーというと、先払い式というイメージを持つ人が多いかもしれません。たとえば交通系の電子マネーの場合、券売機にカードを入れたあと、現金をチャージすることによって使えるようになります。こうした先払い式の電子マネーは、使いすぎる心配がない、あるいはうっかりカードを落としてしまってもチャージされた分だけしか勝手に利用されないので被害額を抑えられるというメリットがあります。
ただ、先払い式の電子マネーの場合、当然のことながら、現金を先に持っていないと使うことができません。では、クレジットカードのように後払い式の電子マネーはないのでしょうか。実は数はそれほど多くありませんが、後払い式の電子マネーも存在しているのです。

クレジットカードと連携させるのがポイント

後払い式の電子マネーとはどのような仕組みで実現しているのでしょうか。ポイントはクレジットカードとの連携です。電子マネーを利用すると、クレジットカード会社に請求が行き、そのあと、クレジットカード会社へ料金を払うという形で後払いを可能にしているわけです。また、スマートフォンなどのモバイル端末に対応している電子マネーの場合、オートチャージというシステムを導入していることが多いです。
オートチャージとは、電子マネーの残高がなくなると自動的に登録したクレジットカードから一定額のお金がチャージされるというもので、こういったタイプの電子マネーもやはり後払いということになります。
クレジットカードを一枚持っていれば、チャージするときにいちいちカードを探し出すといった手間がかからないところが後払い式のメリットといえるでしょう。

© Copyright E-Money Definition. All Rights Reserved.