活用シーンの多い電子マネーの特徴

鉄道系なら駅のいろいろなサービスで使える

交通機関の利用は、基本的には出発地から目的地に行くためになります。しかし瞬間的に移動できるわけではなく、移動時間が長ければその間にいろいろする時間があります。食事をしたり雑誌を買ったりするかもしれません。鉄道会社では、定期券と連動するタイプの電子マネーを用意してくれています。毎日の通勤では定期券の機能が利用でき、それ以外の区間の利用をするときは電子マネーで支払いができます。切符を買う必要はありません。それ以外に、エキナカと言われるショップで色々な買い物ができます。飲食店では食券を購入するときに支払いに使え、売店で新聞や雑誌を購入するときにも使えます。サービスを利用したり物を買うとき、いちいちお金を出す必要がありません。

大学や会社などでの利用

大学に通っている生徒は、朝に大学に来て一日の大半を大学で過ごします。高校だと一つの教室で授業を受けますが、大学はいろいろな教室を移動します。その間に昼食を取ったり、飲み物を購入、本を買う人もいるでしょう。ある大学では大学で使える電子マネーを用意しています。学内でお金が必要になシーンのほとんどに使えるので、小銭などを出さなくても支払いができます。同じような仕組みを会社などで行っているところがあります。会社が入居するビルのサービスを電子マネーで支払えるようにしていて、昼食や休憩時のジュースなどを電子マネーで購入できます。ビルに入居しているフィットネスクラブの利用も電子マネーで行えるので、現金のやり取りは必要ありません。

電子マネーで決済をすると、現金で支払うより小銭を出すなどの手間が省け効率よく決済ができる為時短にも繋がります。

© Copyright E-Money Definition. All Rights Reserved.